2006年04月29日

リアサスの乗り心地改善

私の147には車高調がついていますが、どうもリアの乗り心地が悪くて、跳ね気味になるのが気になっていました。フロントは全く問題ありません。

aurapix_060429_1.jpg

写真のように、実はリアのコイルは1G状態(=車重のかかっている通常状態)ではアッパーマウントから4巻き半くらいまでの巻きの細かいコイル部分は完全に線間密着しているため、コイルの持っている自由長の半分近くは実際に役割を果たしていない状態です。アイバッハもそれは承知の上なんでしょうが、ストロークできる巻数よりも密着している巻数の方が多いのはどうもねぇって感じです(^^;)

車高を落とせばコイルが伸びますので、もう少しマシになりますが、実用上は今以上に車高は落としたくありません。最初に車高調を入れた時から約5000Kmほど走ってリアだけ若干車高が落ちてきた関係で前後荷重が気持ちリア寄りになったため、前輪のトラクションのかかり方が弱く感じたので、むしろリアだけ車高は上げたかったのです。しかし、私の車高調は全長調整式ではないので、車高を上げる事はダンパーのロアシートを上げる事になり、結果として更にコイルを縮めてしまう(=プリロードが更にかかる)ため、余計に乗り心地が悪くなってしまいます。

このジレンマを解決するには今のダンパーストロークに合わせた自由長の直巻コイルを購入して線間密着しない状態にするのが理想的なんですが、これは結構なカケです。思いつきで実行すべきものではありません。

そんな折、ネットで面白そうなものを発見しました。JICがリリースしている「プロフィット ラバー スペーサー」というものです。この商品は線間密着している部分のコイルに厚みのあるゴムのカバー(密着音防止のとは別物)をはめて乗り心地の向上と若干の車高アップ(5〜15mm)を狙ったものです。

まさに私の抱えている悩みを一挙に解決できそうなシロモノですが、値段も手頃でジャッキアップすればすぐに装着可能な上、効果がなくてもすぐに取り外せるので、本来足回りの対処法としては邪道でアヤシイとは思いつつも、ものは試しと購入してみました。

aurapix_060429_2.jpg

巻く位置によってフィーリングが変わりますので、自分にとってベストだと思われる位置決めに時間がかかりましたが、結論としては割といいですね。

aurapix_060429_3.jpg

車高は10mmほど上がりました。おかげで前後バランスが改善されて旋回時に感じた重いリアの挙動が軽快に
なって曲がりやすくなりました。約1ヶ月ほど走ってみて馴染みがでてきたのか装着当初に若干感じた「ゴムっぽさ」がなくなりつつあります。

もちろん、コイルを変えたわけではないので挙動が劇的に変化するというものではありませんが、「あともう少し乗り心地がよければ」と思っているレベルであれば比較的満足度の高いものだと思います。耐久性がどのくらいあるのかわかりませんが、日常の走行で感じた不快な突き上げが緩和されたので私としては効果は十分なものでした。


2006年03月18日

アルファ純正iPod接続ケーブル(設定編)

前回に引き続き、iPod接続ケーブルの設定編です。

aurapix_060318_8.jpg

iPodを接続すると、ディスプレイにモノクロのアルファのエンブレムが表示されます。第5世代はディスプレイの解像度が高くなったので、エンブレムはかなり小さいですね。

aurapix_060318_9.jpg

認識が済むと「運転中はiPodの操作をしないように!」 と注意書きが表示されます。

初期設定の際にice>linkでは製造元サイトからコンフィグレーションファイルをダウンロードして認識作業を行いますが、アルファ純正ケーブルの場合はこの作業が不要になっています。

あと、ice>linkではチェンジャーの6枚目にあたる「CD6」を選んでからサーチボタン長押しで設定変更メニュに入りますが、純正ケーブルの場合は「CD10」を選択してからサーチボタン長押しになっています。メニューに入ってからはステアリングの選曲ボタンで項目を選択し、決定はサーチボタン長押しです。

デフォルトの設定状態の場合、ステアリングボタンで選曲可能な「だましCDチェンジャー」モードで動作しますが、 この状態だとiPodのディスプレイには日本語が表示されなくなり、iPod本体での操作も受付けなくなります。そしてプレイリストをCDに見立てて再生しようとするので、プレイリストを作成しないでiPodを使用している場合は、自分の好きな曲で自由に再生できません。この場合はメニューから「iPod UI」を選択すれば「だましCDチェンジャー」モードから通常のAUX接続と同じようになるので、iPodから操作できる上にディスプレイも通常のiPodに戻るので、日本語も表示されます。

私の場合はプレイリストを作らないので、「iPod UI」モードにしています。ただし、このモードだと動きが若干不安定になるようで、ステアリングの選曲ボタンがたまに動作しなくなることがありますが、このような場合は最初に「一曲戻る」ボタンを押してから、「一曲進む」ボタンを押すと正常に動作するようになります。あと、ステアリングのミュートボタンを押すと、iPodの動作が不安定になる現象が発生します。

ちなみに、エンジンを切ってもiPodへの電源供給は継続しています。うっかり外し忘れてバッテリ上がりなんてしないように気をつけなければいけませんね。

その他のメニューでice>linkではエンジンを切った後の 充電方法の選択(継続or切断)や音量出力レベルの変更 などがありますが、純正ケーブルではこの設定項目は 省略されています。


さて、肝心の音質ですが、申し分ありません! CDと遜色のない音質です!ようやく満足のできるところに到達できました。


これでますます147との生活が充実したものになりそうです(^-^)v

アルファ純正iPodケーブル(設置編)

前回の記事に引き続き、ユニットの設置作業に入ります。

取り付けに際してマニュアルも添付されていましたが、イタリア語と英語のコピーされたものしかなく、日本語のマニュアルはありません。マニュアルがなくても作業は簡単ですから問題はないのですが、念のため拙い語学力を駆使して読んでおきました(笑)

aurapix_060318_1.jpg

専用のU字工具でヘッドユニットを引っ張り出したら、裏のコネクタ類を全て取り外します。ハーネスがギリギリの長さしかないので、ゆっくりと慎重に外してください。特にアンテナケーブルはちょっと変わった固定方法になっていますので、注意しましょう。

ちなみに、ヘッドユニットを外す際に使用するU字工具は接続キットに付属しているわけではありませんので、別途入手するか、D様から借用可能であれば借用するなりして調達します。ヘッドユニットの下にインダッシュナビなどを設置している場合はナビも引っ張り出した方が作業がしやすいかと思います。

aurapix_060318_5.jpg

ハーネスを外したら色の付いたコネクタの中からCDチェンジャー用の青いコネクタを切り離します。 隣の緑色のコネクタと連結していますが、ツメを押しながら動かせば簡単に切り離せます。

次にiPodケーブル用のコネクタを切り離した緑色のコネクタと連結します。

aurapix_060318_6.jpg

このハーネスの先にコントローラが接続されるのですが、オーディオの下にナビをつけている私の場合は、インパネの中に入れられる余地がなさそうだったので、ハーネスをセンターパネル脇から出して足元のカーペットに固定する事にしました。ちなみに、パーツにはコントローラを固定するためにベルクロのシールが添付されているので、きちんと固定できます。気が利いてますね。

ただし、ここに固定するとコントローラのシルバーのボディが目立つので、そのうちグレイに塗ります。 それと、写真のあの場所だと足元暖房の風が当たるので、熱を持ってしまいます。その後、手前方向に移動させました。

aurapix_060318_7.jpg

Dockコネクタケーブルは1mほどあるので、コンソールとフロアトンネルのカーペットの合わせ目に沿ってケーブルを入れていくと、ちょうどいいところにコンソールの隙間があるので、ここからDockコネクタケーブルを出します。この場所から出すと、ケーブルが痛む心配がありません。

ここまでしたら、オーディオのケーブルを元通りに接続して、iPodもDockコネクタケーブルに接続をし、動作確認をしましょう。きちんと再生できて音が鳴れば問題ありません。オーディオを元に戻して設置は完了です。

次はコンフィグレーションとインプレです。


アルファ純正iPodケーブル(導入編)

147の車載iPod対応の最終章です。

147にお乗りの方ならご存知かと思いますが、昨年147にiPod対応モデルが限定発売されました。カップホルダーを取っ払ってそこにiPodを入れる専用のスペースを設け、もちろんステアリングリモコンでiPodの操作が可能な仕様でした。

その当時、私のiPodはまだDockコネクタのない第2世代で接続不可のため、あまり興味を持っていませんでした。しかし、昨年の年末に単品パーツとして正式に販売されるという情報を入手し、時を同じくして最新の第5世代iPodに買い換えたのを機に「これだ!」と思いましたが、単品パーツは何故か限定50個という極端に少ない数しか販売されないため、もう売り切れていると思っていたのです。

これまでFMトランスミッタでiPodを聴いていましたが、現時点でかなり高音質な部類に入るものを使っていてもやはりFMの限界で音が足りなくて、音量レベルも低い。CDの音質と比較して圧倒的に劣るトランスミッタの音質のために次第にCDで音楽を聴くようになっていました。

でも、やっぱりiPodの便利さは捨てがたい。この前159の試乗に行った際に営業の人に訊いてみると、「たぶん在庫はあると思いますよ」という返答。在庫があったら発注という事でD様を後にしましたが、その後、在庫があったと連絡が入りましたので、めでたく入手できました。

単品販売されるパーツには、

・iPod nano+専用収納部品+接続ケーブル
・専用収納部品+接続ケーブル
・接続ケーブルのみ

の3種類があって、私は接続ケーブルのみを発注しました。ちなみに価格は18,000円です。純正接続ケーブルの中身は見たところ、ice>linkですが、純正モノの割には価格がオリジナルよりも安いです。

取り付けは自分で行いました。

aurapix_060318_2.jpg

「純正部品の証」です(笑)

aurapix_060318_3.jpg

中身はこのような構成になっています。
・コントローラ(実態はice>link)
・ヘッドユニット接続ケーブル
・専用Dockコネクタケーブル

コントローラは金属のケースに入れられており、オリジナルのice>linkと外観が異なります。ヘッドユニットの接続ケーブルも純正ハーネスと同じようにケーブルに布が巻かれている仕様になっています。

aurapix_060318_4.jpg

ファームウェアのバージョンが2.02なので、ice>link plusですね。コントローラは結構大きいです。
インパネの中に入りそうにありません。


次は具体的な取り付け編です

2005年12月14日

ワイドビューミラー装着

実は納車後にすぐ付けていた物ですが、すっかりと忘れていました(^^;>

aurapix_051214_1.jpg

aurapix_051214_2.jpg

ディーラーOPのワイドミラーです。ノーマルは小さい鏡面で少しでも可視範囲を広げようと外側1/4くらいの面積がワイドな仕様になっていましたが、あまりにも曲率が唐突に変化するためかえって見にくい上に鏡に映る景色が激しく歪んで距離感が全くつかめないので、後方確認に支障が出ると判断してワイドミラーを装着しました。

ワイドミラーは曲率が極端に変化しないので見やすいですが、一般的なドアミラーよりも曲率が丸いので、初めての人にはかなり距離感をつかみにくく感じると思いますが、ノーマルの鏡面よりは遥かにマシです。私もワイドミラーの感覚にはすぐに慣れました。

元々鏡面の面積自体はそんなに狭く感じませんでした。前のクルマはもっと狭かったので(^^;)

確かに147のドアミラーは一般的なドアミラーよりも小さいですが、デザインありきで実用性を無視したものではなく、狭いながらもきちんと計算されています。例えばミラーの下端部分は下に垂れ下がる形状をしていますが、こうすることによりドアの下付近が良く見えます。つまり、道端では縁石が見やすくて幅寄せがしやすいという事です。

走行中だと複数車線の道では隣のレーンを走る一番近い後続車があの部分に映るため、車線変更をする場合は割とあの垂れ下がり部分を見ているような気がします。

あの形状を見るとフェラーリF50のルームミラーを思い出しますね。あのルームミラーも一見するとケレン味の塊のようなデザインですが、実際にはとても理に適った形状をしています。有効な後方視界以外で不必要な部分を切り取るとあのような形状になるんですね。147のドアミラーはあそこまで極端ではないですが、なんとなく通じるものを感じます。

ちなみに、ワイドビューミラーは両面テープでノーマルの鏡面に貼り付けるだけですが、147はヒーテッドミラーなので、ミラーを貼り付けると曇り止めの効果の影響を心配してましたが、実際は大丈夫でした。ノーマルよりは効きは若干落ちるものの、ちゃんと効きます。


ブルーミラーなので、夜間における後続車の ヘッドライトも眩しくなくて快適です。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。