2011年08月03日

“次”のお話(その1)

ブレラは車検を終えて手元に戻ってきたものの、今回の車検では大きな不具合が発覚しました。まともに全部修理すると車検費用の総額が45万円ほどになるとメカニックから告げられた時、真剣に乗り換えを考え始めました。(↑実際には部分修理で半分ほどに抑えましたが)

この先、メンテナンスの経費が増える事はあっても減る事はないでしょう。ブレラの場合は近代アルファお約束の大物メンテ系(セレ系の不具合やタイベル交換など)とは(一応)無縁のモデルですから、不具合が出やすい所の修理が一巡すればまた安定して数年乗り続ける事も可能か?とも考えていました。

しかし、それとは別に昨年の燃料漏れ事件の恐怖が消えていないのも事実です。あれだけの事が何の予兆も無く起きた上に発生原因も不明なままで乗り続ける事に漠然とした不安がありました。部品交換をして直ってはいますが、結局原因が分かってそれに対応した部品が対策品になるなどの根本的な処置が施されないと本当の意味で安心できません。

新車登録から5年。保証が切れてから2年が経過し、走行距離は2.7万km台と年式の割には少なめですがそれでも経年劣化による不具合は確実に増えてきています。昨年の燃料漏れで走行不能に陥り、今年のオルタネーターの不具合も一歩間違えば走行不能寸前だったことが判明し、2年連続で致命的な不具合が発生した事が決定打になりました。リセールの事も考えると5年というタイミングを逃すと、これ以降は厳しくなりますので乗り換えを決断するならやはり今であろうという結論に達しました。

昨年の燃料漏れ前までは大きなトラブルもなく本当に優秀だっただけにとても残念に思います(T^T)

ブレラをD様に預けていた2週間の間に乗り換える次のクルマを何にするか、色々と検討していました。昨今の情勢を睨んでこの時点で1.5L以下のコンパクトモデルにダウンサイジングする事は確定していました。それを踏まえた選択肢は主に3つです。

【選択肢その1】価格と信頼性から国産か?

aurapix_110803_1.jpg aurapix_110803_2.jpg

左はスズキのスイフト。右は弟分にあたるスプラッシュです。
国産では欧州車に最も近い素性を持っていると言われるクルマ達(スプラッシュの場合は欧州仕様そのままの輸入車ですが)ですから、比較的すんなり移行しやすいかなぁとも思っていたのですが。。

スイフトに試乗してみてビックリ!発進時に普通の感覚でアクセル踏んでもクルマが動き出しません。「?」と思ってもう少し踏み込んでみるとようやく動き出しました。一度スピードに乗れば排気量から想像するなりの加速はします。つまり、動力性能が劣っていて加速が鈍いとかそういう事ではないのです。これで発進時の電制スロットルが相当鈍くチューニングされていると確信しました。燃費性能のためにドライバビリティを大幅に損なうセッティングは承服しかねます。これだけでも一発脱落モノなのですが、グレード構成にも大いに不満がありまして、早々に候補から脱落しました。

ちなみに、スプラッシュは4WD仕様がないため北海道では全く売れないらしく、「レンタカー以外で走っているのを見かけたらそれは十中八九スズキの関係者であると見ていいでしょう」と言われるくらいなのだそうです(^^;)

スプラッシュはマイナーチェンジでESPが標準装備されましたから、雪道でも全然走れるようになったはず。もっとESPの効果を体感できるイベントを積極的にやるべきです。FF+ESPのクルマで雪道を4シーズン問題なく走った人間としては急な坂道の多い地域でなければ北海道でも4WDは不要と考えています。来年から新車ではESPの義務化がスタートするタイミングでもありますし、杓子定規な「4WD至上主義」というマインドを変えていってほしいと思います。

【選択肢その2】安心感のあるドイツ車に移行する

aurapix_110803_3.jpg

ドイツ車なら間違いなくポロです。ポロに関しては過去に6N型を乗っていた経験から親しみもあり、最新型もエクステリアデザインの良さやインテリアの質感も高く、エンジンも1.2Lとは思えない動力性能と非の打ち所がないのですが、キセノンヘッドライトを選択すると自動的に最上位グレードしか選択肢がなくなるので予算の都合上却下しました。人気車種だけあって納期もかかりそうです。

【選択肢その3】いやいや、やっぱりイタ車で行こう!

aurapix_110803_4.jpg

結局イタ車かよっ!ってツッコミが入りそうですが、2世代/8年近くもイタリア車に乗っていると離れられなくなるのです(^^)信頼性を重視して国産という選択肢を考えたものの、結局その国産車に納得できる仕様のものがなかった時点で「自分の感性に合ったクルマに乗ろう」という結論に達しました。そうなると、やっぱりFIAT 500(チンクェチェント=通称チンク)しかなかったのです。

というわけで、次のクルマはチンクに決定しました。

その2ではチンクに至る経緯について書く予定です。決して引っ張っているつもりは無いのですが、もうしばらくお付き合いください。
posted by neko at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa ブレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。