2011年03月02日

4C Concept現わる

今年のジュネーブショーに出品されるアルファのコンセプトモデルとして「4C Concept」が登場しました。

aurapix_110302_1.jpg

“4C” つまりは4気筒エンジンモデルであることは名前からも明らかで、全長4mクラスの比較的小型な2シーターモデルです。8C系モデルの弟分なのはデザインからもうかがい知れますね。そうだとすると、デザインは8Cと同様に社内スタジオであるチェントロスティーレの手によるものだと思われます。

搭載を想定しているエンジンは1750ccターボの200馬力TBiエンジンでカーボンとアルミの複合シャシーによって車重は850kg!パワーウェイトレシオは4.25kg/PSというスーパースポーツに匹敵するスペックを誇ります。トランスミッションはお馴染みのAlfa TCTの6速、シャシーコントロールであるAlfa DNAシステムも搭載されるようです。

写真はコンセプトモデルの実車そのものではなく、フルCGのレンダリングなのでディテールの正確な判断が難しいのですが、サイドパネルにあるエアインテークの存在とリアフェンダーを縦に割る見切りラインがあることから、ミッドシップモデルであることがわかります。そうなると市販された場合の直接のライバルはポルシェのケイマンやロータスのエリーゼあたりになるでしょうか?

aurapix_110302_3.jpg

リアパネルで面白いのはエンジンやサスペンションのメンテナンス用にリアセクション全体がオープンになるのとは別に独立したトランクリッドが存在しているところです。通常ミッドシップモデルであればフロントノーズにトランクを設置するのが普通で、おそらく4Cもフロントセクションにトランクスペースを想定していると思うのですが・・・。見た限りでは容量がそんなにあるとは思えませんのでパンク修理剤用のコンプレッサーや牽引フックなど緊急時に使用される工具用の収納リッドを想定しているという可能性もありそうです。

aurapix_110302_2.jpg

このモデルはコンセプトモデルですから全くこのままの姿で市販モデルになることはないと思われますが、ジュネーブショーで発表した内容に寄れば、4C Conceptは2012年に市販を予定しているモデルのコンセプトモデルであり、単なる夢のクルマではないと明言しています。つまり来年発売予定の量産仕様をベースにしてコンセプトカー向けに艤装品(ボディパネル以外の部品。灯体、ドアミラー、前後バンパー)をショーカースペシャルのデザインとして仕立てたと考えると、そんなかけ離れたデザインではないという事になります。市販版がどうなるか登場が楽しみですね。

posted by neko at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニューモデルの印象 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。