2007年10月09日

冬に備えて

もうすぐ雪の季節がやってきます。北海道では欠かせないスタッドレスタイヤを購入しました。某国産最大手メーカは「ウチのは2台に1台が履いている!」と言ってましたが、私は4年連続満足度No.1のミシュランICE-Xにしました。

しかし、このICE-Xは今シーズンはモデルチェンジせず、昨シーズンからの継続モデルです。モデルチェンジしなかったのにはどんな理由があるのでしょう?そんなに力を入れていないのか?逆に氷雪性能に余程の自信があるのかはよくわかりませんが、評判のいいスタッドレスではあるようです。

スタッドレスタイヤよりも選択に悩んだのはホイールです。 159/ブレラ世代からPCDが110mmとなり、従来の98mmから変更になりました。この110mmというPCDはGM系(=オペル)しかなく、日本市場ではかなり珍しいPCDのホイールですから、選択の余地はほとんどありません。純正は割高ですし、スタッドレス用のホイールにOZなどの高級ホイールを履かせる気にもならず、オペル用で選択するのもオフセットの絡みがあるのでどうしたものかと思っていたところ、阿部商会が取り扱っている「Eurodesign」というブランドのホイールには159/ブレラ専用ホイールがラインナップされているではないですか!車種専用ホイールですからハブ径も専用でカラーなしでピッタリと嵌ります。これはいいです(^^)おまけにアルファ純正センターキャップがそのまま使用できるとあって、デザインはともかくとしてスタッドレス用に履かせるのに理想的なホイールに出会いました。 ホイールはこれに決まりです(^^)v

この「Eurodesign」というブランドは以前147に履かせた事のあるGTAレプリカホイールも作っていたメーカーです。(GTAレプリカはあまりにも精巧に作りすぎて問題があったのでしょう。現在では中古以外ほとんど流通していません)

※阿部商会の現在のラインナップではEurodesignではなく、ATSブランドのホイールとして販売されています。

スタッドレスは空気容量が多い方が乗り易いので、ホイールサイズは16インチにインチダウンしています。もちろん、17インチよりタイヤ代も安価です。純正センターキャップはイタ雑さんから取り寄せました。

aurapix_071009_1.jpg

購入した直後の状態です。

aurapix_071009_2.jpg

ホイール付属のセンターキャップと純正センターキャップです。大きさが違って見えますが、全くの同サイズです。キャップ単品だとあまり感じませんが、ハブ径の拡大に伴ってセンターキャップのサイズは156/147世代までのものと比較するとかなり大きいです。

aurapix_071009_3.jpg

純正センターキャップ装着後です。当たり前ですがピッタリはまりました。センターキャップにアルファの紋章が付くだけで不思議にカッコよく見えるのは私だけでしょうか?(笑)

実際にスタッドレスを装着するのはもう少し先になると思いますが、雪の降っていない状態と降雪後のインプレッションをそのうちしてみたいと思います。



2007年10月06日

初秋のブレラ

ちょっと足を伸ばして撮影に行ってきました。といっても日帰りで可能な距離なのですが(^^;)

aurapix_071006_10.jpg

北海道と言えども今年は夏が暑かったためか、紅葉も遅めですね。まだまだといった感じです。

aurapix_071006_5.jpg

この撮影場所は国道から横道に入っていったごく普通の場所なんですが、道は結構なワインディングの上にクルマがほとんど通りません。撮影にはうってつけの場所です。

aurapix_071006_7.jpg

この道は撮影のロケーションとしても抜群でしたが、走っても本当に面白い道でした。

aurapix_071006_1.jpg

aurapix_071006_9.jpg

aurapix_071006_8.jpg

aurapix_071006_6.jpg

aurapix_071006_4.jpg

aurapix_071006_3.jpg

aurapix_071006_11.jpg

う、ホイールの汚れがひどいですね(^^;)今のパッドが寿命を迎えたら、ダストの出ないものに交換したいですね。



posted by neko at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa ブレラ (作品集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。