2006年06月25日

2006年06月24日

ありがとう147 Part.1


147にとって、最後の撮影となります。本当に3年間充実したクルマ生活を送る事ができました。

aurapix_060624_1.jpg

aurapix_060624_4.jpg

aurapix_060624_2.jpg

aurapix_060624_6.jpg

aurapix_060624_3.jpg


posted by neko at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa 147 (作品集) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

偶然の一致か?必然の一致か?

aurapix_060620_1.jpg

ブレラのインテリアにはブルー&タバコという カラーがあります。

写真の通り、目の覚めるようなオレンジと落ち着きのあるブルーのコンビネーションです。

ブレラをデザインしたジウジアーロ氏は10年前の1996年にこれと同じコンビネーションカラーの製品をデザインしていました。

aurapix_060620_2.jpg

その製品とは、セイコーからリリースされた腕時計で、その名も「Macchina Sportiva」(マッキナスポルティーバ)イタリア語でスポーツカー(スーパーカーに近いニュアンス)を意味する名前を与えられています。

偶然にもこの腕時計、私も持っています。当時クロノグラフの腕時計ばかりを集めていた私は、あまりのカッコよさに一目ぼれしてリリースした直後に購入しました。値段はさほど高くなかったと記憶していますが、機能性が高く、革ベルトも防水加工を施されるなど耐久性に優れた製品で、実用的な製品を数多くリリースしてきたジウジアーロデザインらしい腕時計です。

この時計は人気が高く、今でもオークションでちらほら見かけますね。たまにデットストックの未使用品などもあります。

この腕時計の発表から10年。腕時計の名前にスポーツカーと銘打つほどの思い入れは、いつしか本物のクルマで再び同じコンビネーションを使おうと氏が温め続けたデザインテーマだったのかもしれません。

そして、満を持してそのデザインを採用するに至ったクルマがこれまた思い入れの深いブレラであったのは、偶然の一致なのか、それとも必然の一致だったのか?とても興味深いですし、私としては10年の時が繋がって感慨深いものがあります。



posted by neko at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa ブレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

発注してしまいました

aurapix_060618_1.jpg

aurapix_060618_2.jpg

一度火がついた物欲には勝てず、本日、遂にブレラを発注いたしました。 2.2JTS Sky Windowで、キセノン&フラウ社レザー仕様、ボディカラーは散々悩んだ結果、今と同じ赤にしました。 外見はホイール以外、写真と同じです。

8台目にして初めての左ハンドル車・・・。そして、12年ぶりのマニュアル車。ギアボックスの事はともかく、ボディの幅も大きくなるので、しばらくはクルマの慣らしと共に私自身の慣れも必要ですから、今まで以上に慎重に乗っていきたいと思います。

実は私が発注した仕様は、カタログ上あり得ない仕様で「パック バイキセノン」と「パック ペッレ フラウ」という2つのメーカーオプションが同時に装着されています。本来の仕様では、これらを同時に選択する事はできません。通常この両方を1台で装備するにはどちらかを選択すれば片方は単品オプションとして発注しなければなりません。

FAJなのかアルファ本社のミスなのかはわかりませんが、日本仕様向けに最初に入ってきた初期ロットにはこうした「あり得ない組み合わせ仕様」が入ってきているそうです。もちろん値段はそれらを同時に装着した場合と変わりませんが、片方を単品オプションで発注するよりもお得になっています。

クルマは進化してもこういった「混じりモノ」があるというのはいかにもイタリアモノらしいですね。国産の場合なら絶対に一般のお客さんの手には渡らない仕様です。

私のクルマは既に日本国内でのPDI(出荷前検査)を終えているので、10日ほどで手元に来る即納状態にあるのですが諸々の事情により納車を1ヶ月ほど遅らせます。いやぁ〜、納車が楽しみです!


posted by neko at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa ブレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

ブレラ2.2試乗

先日、3.2V6を試乗してから日々高まるブレラ熱。今週D様に待望のブレラ2.2が回ってきたので、試乗してきました。デジカメを忘れたので写真はありませんが、ボディカラーはミサーノブルーでした。これがまた目の覚めるようないい色で、ブレラに似合ういい色です。

早速試乗インプレですが、クラッチのつながりは3.2ほど唐突ではなく、ごく自然に繋がります。なによりやはりボディが軽いです!!3.2よりも200kgも軽いのだから当然ですが、エンジンの回転も2.2の方が軽やかに回ります。 2.2は1580kgのボディに185psのエンジンですが、全然パワー不足は感じません。高速での巡航速度からの加速では足りない感じを受ける可能性はありますが、街乗りの範囲内では十分です。逆にアクセルをしっかり踏んでも安全ですので、こちらの方が楽しく感じる事は多そうですね。この辺は速くなくても走る楽しみが味わえる147の楽しさに通じるものがあります。

159の2.2で感じた室内へのエンジン透過音の物足りなさはだいぶ緩和されており、4000rpm以上回すと一段といい音が室内にも侵入してきます。それでも、147に比べれば全然静かですが・・・。

低速トルクの粘りは159と同じでMTでも渋滞が苦にならないタイプです。


と、ここまできて俄然購入への気持ちが高まります。見積りをお願いすると・・・ん〜、コミコミで結構高いですが、何とかなりそうな値段・・・(^^;)

ただ、ブレラの日本仕様は輸入量が極端に少ないらしく、デビュー時にFAJが初期ロットで導入した分がはけてしまうと、納期は4〜6ヶ月くらい先だそうです。これは、単品オプションをオーダーした場合も同じで、納期が気になる場合は、パックもので色と仕様が合えばこちらを買う方を薦められました。

できれば、3.2が標準で履いている18インチにしたいのですが、これをオプションで頼んだ瞬間に納期未定になってしまいます(^^;)別途にパーツ発注という手もありますが、これだとオプション価格よりも10万ほど割高になってしまいます。本当は本国ではコンセプトカーのブレラが履いていたのと同じで旧147セレ用ホイールに似たデザインのホイールがあるらしく、18インチにするならこのデザインがいいのですが、生憎日本仕様ではオプションの設定がありません。

ちなみに、159/ブレラ用ホイールのPCDは110です。なので、これまでのアルファ用ホイールは履けません。そのうちアフターでホイールも出てくるでしょうが、現時点では純正以外では手に入らないのです。GM系という事で言えば同じ110のオペル用が履けなくもなさそうですが、オペル用自体が数少ない上にたぶんハブ径が違うので、実質的には無理でしょう。

それよりも、ナビはどうしようなどと結構本気で購入を考え始めたブレラでした(笑)

posted by neko at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa ブレラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。